ゴルフの調子が良い時の打ち方

 

 

1 ゴルフの調子が良い時の打ち方

①自然にボールの横にクラブを置く

②それに合わせて自分が立つ

③だらーんと腕を垂らして自然な位置でクラブを握る

近けりゃ離れてもいいし短く持ってもいいし。遠けりゃ近づいてもいいし、長く持ってもいいし。

④重心は真ん中

⑤いっせーのって感じで一旦左に体重、振りかぶる、下ろす

左肘は何があっても曲げない。

ヘッドの重さを感じてそれに逆らわないようにする事がクソほど重要。

ドライバーの時は、特にヘッドの重さを感じて。ボールに構えた時に棒の中心に自分を合わせて。

アイアンの時は、ちょっとハンドファーストで構えて、少し短く持つくらいのテンションでOK!(ダフルとまじで飛ばないから)

からの、押しつぶすくらいのテンションで手が元の位置に戻ってきたら、ピュッとヘッドの重さを感じつつも瞬間的なスピードで戻す感じ。

 

目指せ95!

 

メモの関連記事
  • 新しい家に引っ越すなら揃えて欲しい高評価の家具4選
  • 最速インターネット、wifiを使うならNURO光一択です。
  • 世界チャンピオンのなるクラスの育て方
  • 他人に期待しない重要性
  • 努力の簡単な方法
  • 500mlの水をストックしておく重要性
おすすめの記事
それぞれの利益の違いまとめ
メモ
1 営業利益と経常利益とその他の違い 1-1 売上総利益(粗利) 売上から売上原価を引いた利益が売上総利益。 1000円で仕入れて3000円...
二つ折り財布のメリットデメリット
体験
今まで長財布しか使ったことない私が、ついに二つ折り財布デビューしました。 まあ新しい発見が多くあったので、メリットとデメリットをご紹介しま...