自分を操る超集中力を読んで

 

自分を操る超集中力を読んでの大事なところまとめ

ゴルファーは数え切れない反復練習によってスイングを自動化して戦略に集中してる。

考えなくても出来るレベルまでやることが大事。

出来る人は短時間の集中を繰り返している。

疲れているから集中できないは脳の錯覚。

脳のウィルパワーは何かを決断する時に消耗される

だから細かいことをさっさと決断することが大事もしくは決断しないようなものに。

余計なウィルパワーを消耗しないために雑事を思いついたら一旦メモして頭の外に出しておく

あらかじめ時間を区切ってもうちょっとやりたかったというところで仕事や勉強も打ち切ってしまう。

↑これを焦らし効果という

 

取り組む時間を短くして制限をつけることで集中力が増す

自分の行動しやすくする環境を作る

ノート開くという作業ですが見るウィルパワーを消耗するので開きっぱなしにしておく

判断や迷いをなくす

水色は学習に適した色

90分集中して20分休むがおすすめ。

何かをインプットする作業には静かな場所の方が適している。

スマホや不要なものからはなれるほど集中力が高まる

15分に1度立ち上がって脳をリセットする

ブドウ糖はウィルパワーの燃料庫

低GI朝食ならばちょうど食べてから2時間後に集中力のピークがやってきます。

てことは、さっさと飯食って運動して仕事の方がいいじゃん。

コーヒーの場合いちにち450ミリリットルくらいの適量。それ以上のあの刺激が過剰になりストレス過敏のほうが大きくなっちゃう。

コーヒーとヨーグルトを一緒にとるとカフェインの効果が切れた時の身体ノだるさを回避してくれる。

コーヒーをブラックで飲むと90分から約150分でカフェインの効果が切れる

ウィルパワーを節約するには習慣化が1番

他の事をしないこれは集中力を上げる方法です

20分の軽い運動した後のさんよじかんは認知能力集中力や考察力が高まることがわかっています

 

移動時間が長い時や疲れる仕事がある時ほど朝ジムに行きます

運動は脳のリセットボタン

疲れをリセットする3つの回復法

・睡眠

・感覚から癒す(目を癒すは効果的。ローズマリーは脳への血流に作用しウィルパワーが回復する。peppermintなどのさわやかな香りにはリフレッシュ効果があり敏捷性や集中力を高める。)

・不安を書き出す

セロトニンを増やす食べ物

青魚、バナナ、卵、、鶏肉、ひじき

成功者ほどよく眠っている。7時間くらい。

最初の5分にうまく集中することガできるとその後の集中力が続く

簡単な作業解ける問題から取り組むことで最初の5分をうまく使う

25分の集中と5分の休憩を繰り返す。これをポモドーロ・テクニックという。

目の前の作業に集中すると人がホンライ持っている力を最大限に発揮することができる。

ひとつの作業が終わるまで断固として次のことをヤラナイ。

タイセツナこと以外はやらない。

計画的にサボると集中力が自動的に引き上げられる。

自分を操る超集中力

amazonで商品を見る
メモの関連記事
  • 行動の品質を読んでの感想
  • 新しい家に引っ越すなら揃えて欲しい高評価の家具4選
  • 最速インターネット、wifiを使うならNURO光一択です。
  • 世界チャンピオンのなるクラスの育て方
  • 他人に期待しない重要性
  • 努力の簡単な方法
おすすめの記事
大事な「人」への考え方
メモ
人には過度に期待しない方がいい。 少なくとも自分と他人は違う。これが一番大事な考え方。 比べる必要は全くない。お互いを尊重して。 言い合って...
人が集まるコンテンツの作り方
メモ
とにかく重要なのは中身。 王道が最高であり最強。 とにかくユーザーがそれを見て本当に悩みが解決するかを考える事。 成功者はとことんぶれてない...