「人工知能の父」と言われるMIT人工知能研究所の設立者、マービン・ミンスキーがリチャード・ファインマンをの言葉。

質の高いアウトプットを出すことについての本質を突いている。 「いわゆる天才とは次のような一連の資質を持った人間だとわしは思うね。ってのが以下。

●仲間の圧力に左右されない。

●問題の本質が何であるかをいつも見失わず、希望的観測に頼ることが少ない。

●ものごとを表すのに多くのやり方を持つ。

一個の方法が無理ならさっと切り替える。

固執しないこと。

失敗するやつは無駄に執着してる。

 

60%の完成度でまた見直しすることで、「80%の完成度にする半分の時間」で「80%を超える完成度」に到達する。

つまりはさっさとやれってこと。

ただ丁寧はスピードも完成度も落ちる。

 

 

「イシューからはじめる」なら「何となく面白いもの」「たぶん大切だと思うもの」などは不要。

「本当にこれは面白い」「本当にこれは大切だ」というイシューだけがあればOK。複雑さは一切要らない。意識が散るようなもの、あいまいなものはすべて排除。

 

ってのが大切。

 

メモの関連記事
  • 行動の品質を読んでの感想
  • 新しい家に引っ越すなら揃えて欲しい高評価の家具4選
  • 最速インターネット、wifiを使うならNURO光一択です。
  • 世界チャンピオンのなるクラスの育て方
  • 他人に期待しない重要性
  • 努力の簡単な方法
おすすめの記事
メモ
正直身になったことはほぼない。 ただデスクトップはキレイに整理した。 いうて、すでに数千万稼いでるような人はすでにできてることばかり。 し...