「人工知能の父」と言われるMIT人工知能研究所の設立者、マービン・ミンスキーがリチャード・ファインマンをの言葉。

質の高いアウトプットを出すことについての本質を突いている。 「いわゆる天才とは次のような一連の資質を持った人間だとわしは思うね。ってのが以下。

●仲間の圧力に左右されない。

●問題の本質が何であるかをいつも見失わず、希望的観測に頼ることが少ない。

●ものごとを表すのに多くのやり方を持つ。

一個の方法が無理ならさっと切り替える。

固執しないこと。

失敗するやつは無駄に執着してる。

 

60%の完成度でまた見直しすることで、「80%の完成度にする半分の時間」で「80%を超える完成度」に到達する。

つまりはさっさとやれってこと。

ただ丁寧はスピードも完成度も落ちる。

 

 

「イシューからはじめる」なら「何となく面白いもの」「たぶん大切だと思うもの」などは不要。

「本当にこれは面白い」「本当にこれは大切だ」というイシューだけがあればOK。複雑さは一切要らない。意識が散るようなもの、あいまいなものはすべて排除。

 

ってのが大切。

 

メモの関連記事
  • ゴルフ
    結局GDOよりも楽天GORAをアフィリエイトで紹介したほうが安いんじゃないかって話
  • 仮説思考
    「仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 」の感想まとめ
  • 人生も仕事も変わる!最高の遊び方
    「人生も仕事も変わる!最高の遊び方」を読んで大事なところをまとめた
  • 行動の品質を読んでの感想
  • 新しい家に引っ越すなら揃えて欲しい高評価の家具4選
  • 最速インターネット、wifiを使うならNURO光一択です。
おすすめの記事
逆算で考えるということ
メモ
最近は、とにかく逆算で考えるということをクセづけてる。 ゴール←やること←今 それぞれゴールと自分とのギャップを常に感じて行かないと、やっ...
Dyson V7 を使った感想
体験
今まで使ってきたカタログギフトで手に入る掃除機が、約3年経ち吸引力も落ちてきたのでそろそろ買い換えようかなと思い、思い切ってDyson V7...