amazonのビジネス本ランキングで順位が高い「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみたという本を読んでみました。

結論からいうと神本です。

何がいいかを説明します。

この本の何が良いか

一言でいうと、実践的である、というところです。

おそらくこれを完璧にマスターすれば、月間100万PVのブログを作れるでしょうね。

個人的に月間200万PVのメディアを立ち上げて運営しているので言えますが、ここに書いてる通りのことを実践したら確実に結果でます。

あとは伝える力が付きます。

個人的に大事だと思ったところ

・なくても意味が通じる言葉を削る
・1文の長さは「60文字以内」が好ましい

・「漢字2、3割」 「ひらがな7、8割」  がひとつの目安

・必ず推敲をする。(時間置く、プリントアウト、音読、他者の目に入れる)

・誰が読むかを考える。(小学生向けならもはや全部ひらがなで良い)

以下引用

 梅棹忠夫さんは、『知的生産の技術』(岩波書店)の中で、次のように説明しています。 「文章をかくという作業は、じっさいには、二つの段階からなりたっている。第一は、かんがえをまとめるという段階である。第二は、それをじっさいに文章にかきあらわす、という段階である。

これは非常に大事だと思いました。

ブログを書き慣れてる人は、とくに上記さえきちんと守れば今よりも確実に良い文が書けるようになると思います。

まとめ

伝わりやすい文章を書ける人間は何をしても強い。

まとめる力も付くので確実にスキルアップするでしょう。

体験の関連記事
  • 目
    【リアルタイム感想】ICL(眼内コンタクトレンズ)手術をしたので当日から翌日以降の感想書く
  • いい人は成功者になれないを読んで要点まとめてみた
  • 4 Focus 脳が冴えわたる4つの集中を読んで要点まとめた
  • できる社長はこれしかやらないを読んで要点まとめた
  • 無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語を読んで要点まとめた
  • 「論理的思考だけでは出せない答え」を導く あたらしい問題解決 を読んでの感想
おすすめの記事
体験
決意をする 計画を立てる 専門家を名乗る 大丈夫、わからんくてもどうせ相談なんかこないよ 売り込むじゃなくて呼び込む 答えは、情報発信。 大...
人が集まるコンテンツの作り方
メモ
とにかく重要なのは中身。 王道が最高であり最強。 とにかくユーザーがそれを見て本当に悩みが解決するかを考える事。 成功者はとことんぶれてない...
体験
生きてると、女性のことがちらついたり、お金の事がちらついたりするけど、それって暇って言う証拠。 事業をしていくならその事で脳みそがいっぱい...